ホテルと旅館の違いとは

ホテルや旅館等の宿泊施設には「旅館業法」というものがあり、構造や設備の基準が決められています。前者は洋室が10部屋以上あり、客室の広さが9平方メートル以上で、様式の浴室やシャワー室があることが決められています。後者は和室が5部屋以上あり客室の広さが7平方メートル以上である必要があります。サービス面でもホテルは客のプライバシーを守るということに重点を置いています。一方旅館の方は日本人のおもてなしの心というものを大切にしています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 温泉旅行はカップルにぴったり All rights reserved